僕らの明日はどっちだ!手軽に利用できる占いで知ろう

自分の心をチェック

みんなでおみくじを手の上に乗せる

うつ病は精神障害の一つで、意欲の低下や落ち込みなどが長く続き、にしぢょう生活にも支障を及ぼすものです。ストレス社会の現代は、うつ病になってしまう方が年々増加しています。誰しもが、かかる可能性がある病気であることは、認知されてきましたが、やはり診察を受けるところまで行かない人も多くいます。 そこで、知っておくと良いのは、うつ病のセルフチェックがネット上で、簡単に出来るということです。例えば、アメリカ精神医学会作成のDSM、世界保健機構のICD、ベックうつ病調査テストなどがあります。 質問に答えていくと、うつ状態のレベルがわかるようになっています。自分はもちろん、周りに心配な方がいる場合にも、チェックすることが出来ます。

落ち込みが激しかったり、仕事上でもミスをおかすことが多くなってしまっても、自分ではうつ病とは気が付かない場合が多々あります。その上ますます、もっと頑張らないとと思って生活しているうちに、どんどん重症化することもあります。 少しおかしいなと感じたら、セルフチェックしてみることは重要なことです。チェックでうつ状態が明確になれば、診察に行くきっかけにもなります。 うつ病は、治癒しても再発する可能性の高い病気とされています。しかし工夫をすることで、再発の可能性を下げることもできます。オン・オフを明確にして、リラックスする時間をとるようにすることです。また生活リズムを大切にし、完全主義ではなく、適当な開き直りの出来る心を持つことも重要です。